桃栗柿屋のリフォーム・不動産・新築は地域密着です。

「書くだけで涙がこぼれる」

というノートがニュースになっています。

 

どんなに感動するノートなんだろう?

もしくは悲しくなるノートなのかなーと思いきや!

 

タマネギの皮が紙素材に入っているとのこと。

ノートに鉛筆などで刺激を与えるとタマネギ成分が拡散し、

強制的に涙がでる。

 

面白いですね!!

名前は「オニオンノート」

 

これは実はマイクロソフトのPCのプロモーション。

やることが違います。

 

 

実際に唯々書くよりは覚えそうですね。

 

 

実益と面白さがビジネスを拡大させます。

だって、人は「快」に動きますから。

 

 

公式Twitter

https://twitter.com/momokurikakiya

/フォローお願いします!\

 

公式Facebook

https://www.facebook.com/momokurikakiya

/「いいね!」お願いします!\

 

YouTube 採用ムービー

https://www.youtube.com/watch?v=YYnnEJWN5m0&rel=0

/ご覧下さい!\

桃栗柿屋は本日、休日です!

安岡正篤さんの

思考の三原則を紹介します。

 

  1. 根本的にものを見る。
  2. 多面的にものを見る。
  3. 長期的にものを見る。

 

世の中はシンプルだ。

あらゆることを人は関連づけて複雑にする。

 

「関係がない」というと冷たく聞こえるが、

「関係性がない」というとそれらしく聞こえる。

 

私は3つの原則を身につけ、実践してきたつもりだがまだまだ(><)

 

環境が重要。

会社に閉じこもっていたら、この3つの原則から思考は遠のく。

だから会社にいない時間が多い私を許して欲しい。

 

ゴメンね!みんな。

顧客ニーズについて 

1.顧客は幅広い選択肢を求めている

2.顧客は低価格を求めている

3.顧客は迅速で信頼できる配送を求めている

 

Amazonのベゾスがシステムを構築する時に、

前提としたニーズです。

 

 

シンプルで「分かっているよー」ということが書かれていますね。

でも徹底的に実現した会社は今までなかった。

 

とんでも無い成功をみると、ベゾスの考えは正しかったのでしょう。

 

 

ただ、注意しなければいけないのは、

小企業が「なるほど!」とマネをしてはいけないということ。

生き馬の目を抜くグローバル競争にさらされます。

自社の強みを認識し、そこを伸ばしと突出させることが重要です。

こんにちは!桃栗柿屋 代表の野々村です。

ハーバード大学の図書館には落書きがあり、

よく話題になるとのこと。

 

さすがハーバードという落書きです。

今日は5つあげますね↓↓

 

 

1. Sleep now and a dream will come out; Study now and a dream will come

 true.

 今寝る奴らは夢を見る。今やる奴らは夢を実現する。

 

2. Today you wasted is tomorrow loser wanted.

 あなたが無駄にした(ハーバードでの)今日の一日は、多くの受験に落ちた連

 中が望んでも叶わなかった明日。

 

3. The earliest moment is when you think it’s too late.

 もう遅いと感じた時が、物事に取りかかるべき最良の時である

 

4. Better do it today than tomorrow.

 明日やるより今日やるほうが100倍よい。  

 

5. The pain of study is temporary; the pain of not study is lifelong.

 勉学の苦痛は一時的だが、無学の苦痛は一生だ。

5つの文を各々感じて下さい!!

住宅業界はいま踏ん張り時です。

暑くなってきましたが、

住宅業界は消費増税の影響で冷えている。

 

6月の大手住宅メーカーの受注速報値では、前年対比

 

積水ハウス  35%減

住友林業   34%減

ミサワホーム 22%減

 

業界全体で、約25%減といわれている。

 

人員削減や給料カットを検討している会社もあると聞く。

消費税10%前の駆け込みに期待をもって踏ん張って欲しいと思うが、

駆け込み需要を100%信じることは出来ない。

 

仕事が3割になっても、

まともな給料を払える会社でありたいと考える。

 

そのため少人数精鋭でやってきた。

忙しいときは、

「人が足らない」「休みがない」といいたくなるが、

ヒマほど辛いことはない。

 

仕事があることってありがたいなーと思う。

 

 

当社もやはり影響を受け寒い状態だが、

他社の話を聞くと、まだマシな方だと安堵する。

 

かといって、安堵している場合ではない。

今が踏ん張り時、ジタバタしても仕方ないが

地道に地元でやっていきたい。

 

 

公式Twitter

https://twitter.com/momokurikakiya

/フォローお願いします!\

 

公式Facebook

https://www.facebook.com/momokurikakiya

/「いいね!」お願いします!\

 

YouTube 採用ムービー

https://www.youtube.com/watch?v=YYnnEJWN5m0&rel=0

今日も桃栗柿屋 代表の野々村です!

 

グッドデザイン賞に応募した。

 

当社の事務所は他社と比べて間違いなくカッコイイからだ。

しかし一次審査を通過しなかった。

デザインが悪いのか?写真の撮り方が悪いのか?応募文章がわるいのか?

 

大工がいくらいい技術を持っていても、

それを外に伝える技術がないとどうしようもない。

そんな時代になって来ている。

何となく悲しく感じる。

 

日本の技術が絶えないことを願う。

 

2014-07-17 09.54.45

 

桃栗柿屋より 東近江市の住宅リフォーム助成金

東近江市の住宅リフォーム推進助成制度が始まる。

 

 

助成金といえば、1年ほど前にあった全日本柔道連盟を思い出す。
女子日本代表の指導者によるパワハラに追い打ちをかけたかたちで発覚した。

かなりゆるやかに助成金が出ていた。

 

 

助成金が余るのも問題の起因になる。

だから使う。無理矢理使い切る。というのもおかしい。

使う側の倫理観が問われる。

 

今回の東近江市の助成金はかなりしっかりしている。

事業者がしっかり案内して、この機会を有効にすべきだ。

我々の重要な仕事だ。

https://www.city.higashiomi.shiga.jp/cmsfiles/contents/0000005/5119/07013.pdf

こんにちは、桃栗柿屋 代表の野々村です。

本日の全体ミーティングで以下の内容の意見を出し合った。

「あなたなら、どんな会社にどんな人に任せたいか?どんな風に対応して欲しいか?」

 

 

すごく多くの意見が出た。

 

ジックリながめていると・・・。当たり前のことがほとんど。

「当たり前のことを当たり前にすればいいだけジャン!」

京セラの稲盛さんが頭に浮かぶ。

 

 

たまに、新築の会社の営業マンが自社では建てたくないという話を聞く。

そんな残念すぎる人はさっさと辞めた方がいい。

 

私は車に人一倍興味を持っている。

車を買うときは車の好きな人から買いたい。

そして喜びを共有したい。商売を超えたい。

 

対価を払っているのである。

物々交換だって、対価を交換しているのであって、

物の交換は表向きの見えることにすぎない。

 

 

心のある対応で「愛」を交換したいものだ。

愛の不足している方には足してあげて欲しい。

最後は笑顔になり、その輪は広がる。

 

お早う御座います。桃栗柿屋は今日も元気です!

よく消費が落ちているという話をきく。

消費税の影響や、価値観の変化もあると思うが、

長期的な視点で見ると人口が減ることが大問題。

 

少子化問題をなんとかしようと各自治体が頑張っているが、

それよりも何よりも結婚しない男女の増加にフォーカスしなければならないと思う。

 

 

結婚しない女性は約1割、男性にいたっては約2割とのこと。

10人いたら2人も結婚しないいんだ-とビックリです。

 

女性の1割と男性の2割というのも面白い。

もてる男に流入しているということでしょう。

 

当社も地域からもてる企業を目指しています。こんなこともやりました↓↓

https://www.facebook.com/momokurikakiya

7月4日の投稿をご覧下さい。

 

こちらもご覧下さい↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=YYnnEJWN5m0

 

徹底する

こんにちは、桃栗柿屋 代表の野々村です!

 

業績が悪かったデニーズが最近よくなってきているようです。

成城石井の再建で活躍した大久保恒夫さんが入って改革を進めました。

 

 

大久保改革は、シンプルです。

あいさつの徹底とクリンリネスが基本。

そしてこの3つ。

(1)たくさん言わない

(2)難しいことは言わない

(3)指示をだしたら言い続ける

 

素晴らしいですね!

そしてグサリときました。

 

 

どうしてもあれもこれもとなってしまいがちです。

で、中途半端に終わり、それが慢性化する。

 

このことについては、熟考したいと思います。
企業文化にもなってしまうしね。

 

ENTRY & CONTACT

わたしたちと一緒に、
お客様の想いと笑顔をみのらせましょう。